Topics

2018.02.01日本初となる、弊社「トラックファンド®」向けノンリコースローンを開発いたしました。

株式会社リアライズコーポレーション(代表取締役:今福 洋介)は1月31日、日本初のトラック・トレーラーを投資対象とする独自の金融スキーム「トラックファンド(R)」向けノンリコースローンをメガバンクと共同開発し、同ファンドに導入しました。

近年、不動産のほか航空機や船舶などを担保にしたノンリコースローン(※)が広まりつつありますが、トラック・トレーラーを担保とする同ローンは国内初となります。

 

※ノンリコースローンは、特定の資産から生ずるキャッシュフローおよび資産の売却代金を返済原資とし、借主の信用力に依存しない非遡及型のローンです。

企業の信用力を担保とする一般的な企業ローンと違い、返済原資は事業・財産に限定されるため、金融機関はその収益性およびリスクをより厳しく審査する必要があります。

 

今回の開発・導入は、弊社が組成・運用する「トラックファンド(R)」の新規性および事業将来性が評価され実現したものです。

 

 

■「トラックファンド(R)」の特徴とメリット

<特徴>

日本初の新車・中古トラック・トレーラー等を投資対象とするファンドです。収益構造は、投資家を募りファンドを組成し、ファンドで取得した車両等を運送会社にリースして(「R.リース」)、運送会社から徴収するリース料を源泉として投資家に安定的な配当を行います。今後は年間100億円ベースでのファンドの組成を目指します。

 

1) 運送会社のメリットは、トラック・トレーラーの新たな調達手段になります。車両を自社で保有するのではなく、ファンドに運用・管理を委ねることで車両故障時や自動車税等の財務上の負担を軽減でき、経営・財務体質の改善につなげられます。今後は新車の取り扱いを加速していくため、用途に応じた車両選択の幅を広げます。

 

2) 投資家のメリットは、運用利回りに優れ、需給バランスの取れた商品に投資できます。トラック・トレーラーは耐用年数および出資期間の長い不動産や航空機・船舶と比べて、出資期間が3~5年と短く、為替リスクもないなどの特長があります。

 

3) 銀行のメリットは、新しい分野への貸出の機会が増えるとともに、今までは投資対象として未開拓だったトラック・トレーラーを、顧客の多様なニーズに応え得る新たな金融商品としてラインナップに加えることができます。

 

ローンチから2年余が経ち、「トラックファンド(R)」を活用すれば経営・財務体質を改善できる、という認識が運送業界で浸透してきています。銀行が支援しやすい運送会社が増えることで、業界全体の体質改善および活性化につながると私たちは考えます。

本事業の推進により、「車両の『所有』から『使用』へ」という新たな価値観を提案し、運送業界の発展に貢献してまいります。