News

2016.01.19日本初の大型トラックファンド組成のお知らせ

株式会社リアライズカンパニーならびに株式会社クロブは、日本初となる、中古大型トラックを投資対象とした「クロブトラック物流支援ファンド」(名称:合同会社リアライズインベストメントファースト)を企画・立案いたしました。投資家にも運送会社にもメリットのあるファンドとなります。ファンド総額は30億円規模を予定しています。

トラック(1) 

■本ファンドの特徴

1) 日本初の中古大型トラックファンド 本ファンドは、日本初の中古大型トラック・トレーラー等の車両を主な投資対象としています(今後は新車も扱う予定)。収益構造は、ファンドで取得した車両等を運送会社にリースし、運送会社から徴収するリース料を源泉として投資家に安定的な配当を行います。

2) 投資家のメリット:減価償却メリットが大きい 中古車両は新車と比べて節税等の減価償却メリットが大きく、投資家にとっては運用利回りに優れた、かつ需給バランスや取引相場の安定した投資対象です。耐用年数の長い住宅・建物等の不動産ファンドなどと比較しても短期間でそのメリットを享受でき、また海外で運用されることの多い飛行機や船舶ファンド等とは異なり、為替変動リスクがないのも特徴です。

3) 運送会社のメリット:新たな車両調達手段に 運送会社にとっても、新しい車両調達手段となります。トラック業界では、資金を調達し車両を自社で購入・保有する経営が主流ですが、自社保有では車両故障のリスクがつきまとい、自動車税等の財務上の負担ものしかかります。これらをファンドの運用主体の管理に委ねることで平準化できるため、経営体質(バランスシート等)の改善につながります。

4) 株式会社クロブによるアセット・マネジメント 本ファンドは、株式会社クロブがアセット・マネジャーに就任し、同社の事業ノウハウを最大限に活用した資産管理および運用を行います。

※第二種金融商品取引業登録申請準備中です。